出展者カテゴリー

新着情報

掲載社名一覧 51音順

出展者クローズアップ

出展者情報はここでチェック。あのショップ、このメーカーを
続々紹介!

憧れの海は遠くない。年間係留費50ft \768,823 YBM会場陸上ブースでお待ちしております。
与那原マリーナ

 「横浜ベイサイドマリーナ会場・与那原マリーナブース」にて。

那覇空港から約16km。車で約30分。沖縄本島・東海岸に与那原マリーナがオープンしました。

リーズナブルな料金と新しい設備で沖縄の海を楽しみませんか。

ビジター係留も大歓迎です。

[利用料金] 年間海上係留料金(1区画あたり)*抜粋

70ft2122m未満):¥ 1,049,059

60ft1819m未満):¥   908,941

50ft1516m未満):¥   768,823

45ft1314m未満):¥ 675,411

30ft 910m未満):¥  488,587

年間陸置料金(1区画あたり)*抜粋

30ft910m未満):¥392,634

25ft 78m未満): 314,820

那覇空港からマリーナまではから約30分。マリーナ10マイル圏内には、神の島と呼ばれる「久高島」や白砂の美しいビーチを持つ「津堅島」があり、「慶良間諸島」までも約40マイル。憧れの海が待っています

マリーナ内水深は約7m。大型艇も係留可能な海上係留バース(66隻)と60m×2か所のビジターバース。大型艇ビジター係留も歓迎します

マリーナ隣りのショッピングセンター「マリンプラザあがり浜」 スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストアーや、クリーニング店など。船上BBQ食材も手軽に手に入ります

ヤマハブースで「海、とびきりの週末」をお楽しみください。
ヤマハ発動機株式会社

 ヤマハブースでは「海、とびきりの週末」をテーマに、両会場を通じてマリンレジャーの魅力と、ヤマハマリンの総合力をお伝えします。

 パシフィコ横浜会場では、ボートや水上オートバイ、船外機など、人気モデルやニューモデル、参考出品モデルを含む魅力ある多彩なマリン製品を展示する他、免許教室や会員制マリンクラブ「Sea-Style(シースタイル)」などのソフトメニューの情報発信、さらに自然環境保護活動、マリンに関わる企業活動などを紹介します。

 メインブースでは「EXULT36 Sport Saloon」や「SR-X24」を始め、計10隻を展示します。またPWC ワールドにあるヤマハブースでは、ハイパフォーマンス・スポーツモデルMJ-GP1800やエントリー層にも扱いやすいニューモデル「MJ-EX Deluxe」などを展示。横浜ベイサイドマリーナ会場では「EXULT 38 Convertible」などの3隻の大型艇を係留展示します。

 

 ボートショーにご来場の際にはぜひヤマハブースへお立ち寄りください。

 

パシフィコ横浜会場では、存在感のある全長12mのプレミアムボート「EXULT36 Sport Saloon」を展示

スポーツボートのフラッグシップ「242 Limited S E-Series」はメインブースにて展示します

PWCワールドにはヤマハ伝統のGPを冠したマリンジェットMJ-GP1800(写真)の他、マリンジェット5台、スポーツボート2隻を展示します

ボートショーはトーハツのトークショーでお楽しみください。
トーハツ株式会社

トーハツブースでは、今年も釣りガールの富永唯を始め、近藤利紀、キャプテンまっきーの3名により、ボートショー期間中毎日トークショーを行います。ジギングやタイラバなど、ボートならではの簡単に出来る釣り方を中心に、取材やボートの話、写真の撮り方等、バラエティ豊かに釣り人目線でお届けいたします。また、ブース内のみならず、ボートショー会場メインステージでもトークショーを開催致します。各トークショーの最後には、豪華商品が当たるじゃんけん大会があるかも!?

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

ボートフィッシングの定番「TFW-25R」

富永唯(ゆいぽん)もトークショーに登場します

トーハツブースとメインステージでトークショーを行います。ぜひお立ち寄りください

EX PROTOTYPEに注目
ヤンマー舶用システム株式会社

 今年のヤンマーブースは見どころ満載!特別艤装を施した既存モデルEX38EX30B2艇に加え、サルパシリーズのニューモデルLF26CZⅡを出展します。 

 さらに、EXシリーズの新型PROTOTYPEも登場! 「次世代フィッシングクルーザー」を開発コンセプトにしたこのモデルは、最新技術の採用と新型電子制御ディーゼルエンジン「6LY440」を搭載したヤンマーテクノロジーを結集したボートとなっています。

  また、ブース内にはPROTOTYPEに採用している技術を紹介するコーナーも設置。ボートからディーゼルエンジンまですべてを自社生産しているオールヤンマーならではの最新テクノロジーは必見です。

 

ぜひヤンマーブースにお越しください!

サルパシリーズのニューモデルLF26CZⅡ。待望の高馬力仕様を新たにランナップへ追加

フィッシングクルーザーのEX38。ヤンマーならではのカスタマイズ提案を行う

トローラーキャビンが人気のEX30B。特別仕様のカラーハル、チークデッキを施し出品

広島県

   気が付けば周りを島々に囲まれる圧倒的な多島美。島を繋ぐ橋にはいろんな形があり,真下から見上げるのもおもしろい。風情に満ちた古い街並みもあれば、力強い造船所の姿も見える。海面に浮かぶのはぷりっぷりの牡蠣を育む無数の養殖筏(いかだ)。 

 海と空が、自然と構造物が、昔と今が、この素晴らしい景色を作り出している。そんな瀬戸内海に、皆様、是非お越しください。

 広島県ブースでは、県内20カ所のビジター桟橋の情報発信のほか、瀬戸内のクルージング情報満載の『広島県ビジターバースガイドブック』や『瀬戸内クルージングポータルサイト』を準備して皆様のお越しをお待ちしておりますので、是非お立ち寄りください(ガイドブックは数に限りがございます)。

 毎年恒例、ブースでアンケートに答えて、広島県産レモンもGETしちゃいましょう。

宮島ビジターバースは世界遺産の嚴島神社から徒歩約15分のところに位置し、50ftを超える大型艇でも係留可能です。ご予約はお電話で(0829-44-0430国民宿舎みやじま杜の宿)

たこ漁が盛んな三原市に海の駅はあります。三原のたこは身が詰まっていてぷりぷりとし、甘みがあるといわれています。浮城とやっさのまちでダルマとタコに出会いませんか

ポータルサイトを一新し掲載情報を拡充。これらの情報を持ち歩けるように、スマートフォンページを開設。『広島県ビジターバースガイドブック』もダウンロード可能