ジャパンインターナショナルボートショー2018

ボートショー2018は2018年3月8日(木)~ 11日(日)の4日間開催!

Facebookはこちら

出展者クローズアップ

出展者情報はここでチェック。あのショップ、このメーカーを
続々紹介!

トヨタマリンの最高傑作 <PONAM-31>    トヨタハイブリッドハルが提供する新感覚の   乗り心地<PONAM-28V>
トヨタ自動車株式会社

 トヨタマリンは昨年米国での発表以来、国内外の注目を集めた「LEXUS Sport Yacht Concept」を、パシフィコ横浜トヨタマリンブースにおいて初めて一般公開します。

 「海のど真ん中に、自らを解放できる、隠れ家のような空間をつくれないか」という社長の豊田の一言で夢のプロジェクトがスタートしました。四方を海に囲まれた海洋国家日本において、陸のみならず、海にもモビリティーの可能性を追求していくことは、トヨタの夢であり、使命でもあります。

 一方、市販モデルは好評のポーナムシリーズ、「PONAM-28V」と「PONAM-31」の2艇を展示します。両ボートに搭載されているマリンエンジンは、ランドクルーザープラド(海外向け)の車両エンジンを船舶用にチューニングした高性能エンジンです。

  是非、今年もトヨタマリンブースで、海の「Fun to Drive」の一端をご体感ください。

「LEXUS Sport Yacht Concept」 レクサス“F”モデルやラグジュアリークーペLCに採用しているV型8気筒5Lエンジンを2基搭載した、LEXUSのコンセプトモデル

「PONAM-28V」 新開発の「トヨタハイブリッドハル」を採用し、アルミハルと同等以上の乗り心地を実現且つ1軸TVAS等を搭載し、小型艇の概念を超えるハイスペック仕様

「PONAM-31」 「スピード」「乗り心地」「居住性」の全てにこだわり抜いた、スポーツユーティリティクルーザー。抜群のスピードがありながら安定した走行性は、海との一体感を演出

横浜ベイサイドマリーナ会場でお会いしましょう。
プリンセスヨットジャパン

プリンセスヨット社は1965年にイギリスのプリマスで創業し、現在は従業員2000人以上、年間約300隻の大型サロンクルーザーを生産して全世界に供給しております。そのラインナップは大型サロンクルーザーを中心に、シックな内装とイギリスの海で培われた優れた走行性能を特徴としています。

 2018年のラインナップはV(スポーツタイプ)、F(FBタイプ)、S(スポーツFB)、Y75フィート~24メーター)及びメガヨットに分類されるM3040メーター)の5つのクラスを揃え、多様なニーズにお応えします。

今回のボートショーには、スターンドライブ艇のV39、インボードシャフトドライブのP43、及びボルボIPS搭載のP49を出展いたします。

皆様この機会にぜひプリンセスをご覧いただき、その魅力に触れていただければ幸いです。

PRINCESS V39 プリンセスのラインナップ上最小の艇でありながら、高いパフォーマンスと乗り心地の良さを両立させたスポーツセダンです。外観からは想像できない2つの大きなキャビンを有しています

PRINCESS 43 2018年モデルは550馬力2基のカミンズエンジンとジョイスティックの組み合わせで、インボード艇でありながらマリーナでの操作性向上とスピードの向上を図っております

PRINCESS 49 ボルボIPS700を搭載し、ジャックシャフトを使用することによりエンジンをミッドシップに移動しています。その結果、抜群のプレーニング性能と加速性能を実現していて、最高速度は35ノットです

「世界で最も美しい湾クラブ」加盟の富山湾には魅力がいっぱい!
富山県観光振興室

 富山湾は、「海越しの3,000m級の立山連峰」に代表される美しい景観や蜃気楼、ホタルイカ群遊海面などの神秘的で特徴ある自然現象などが国際的に高く評価され、201410月に「世界で最も美しい湾クラブ」(本部・フランス)への加盟が承認されました。

 駿河湾、相模湾とともに日本三大深湾に数えられる富山湾は、標高3,000m級の北アルプスから、一気に水深1,000mの海底に到達し、急峻さでは世界的にも類を見ないダイナミックな地形をしています。

 このため、漁場が港に近くブリやシロエビをはじめとする多彩な海の幸を新鮮なまま味わうことができるほか、ダイビングをすれば、深海性のユニークな生物に数多く出会うことができます。24時間ダイビングできる地域もあり、ナイトダイビングもおすすめです。

 このほか、フライボード、SUP、釣り、クルージングなどの海遊びや、美しい景観など、まだまだ知られていない富山湾の魅力をご紹介いたします。

世界にもその美しさが認められた、海越しに3,000m級の立山連峰を望む景観をぜひ富山に見に来てください

冬のブリを代表に、マグロ・ホタルイカ・シロエビ・アマエビ・紅ズワイガニなど、「天然の生け簀」富山湾では多種多様な海の幸を味わうことができます

富山湾ではダイビングのほかにも、フライボードやホバーボードなど様々に海遊びが楽しめます

富山湾の魅力を存分に楽しめる日本海側最大級のマリーナ施設
富山県新湊マリーナ

 最深部が1,000mを超える富山湾は、3,000m級の立山連峰から流れ込む栄養豊富な水と、変化に富んだ環境から、シロエビ、ホタルイカ、ブリをはじめ、多彩な魚種に恵まれています。急深な海のため、釣りポイントまでの距離が近く、2325フィートの小型艇でも釣りを楽しむことができます。

 また、冬の北西風を遮る能登半島と立山連峰に囲まれていることから、湾内は1年を通して比較的穏やかで、オーナーは冬でもクルージングやフィッシングを楽しんでいます。

 新湊マリーナでは、日本海側初の15mシングルバースを備えた水上桟橋、オーナーズルームやバーベキュー広場を備えたクラブハウス、大型艇対応のクレーンなど充実した施設のほか、レンタルボート(2017年運用開始)も利用することができます。新幹線に乗れば東京―富山は2時間あまり。ぜひ、魅力満載の富山湾を満喫してみませんか。

海越しに臨む立山連峰はまさに絶景。マリーナからも堪能できます

キジハタ、タチウオ、ハマチ、ノドグロなど、魚種が豊富な富山湾。秋から冬にかけてさらに旨味が増す“天然の生け簀“富山湾の魚を、ぜひ、お楽しみください!

2015年から3年連続で日本一楽しいヨットレース「タモリカップ」が富山湾で開催。年々盛り上がりを増すタモリカップ、来年も開催して「いいとも」!?

画期的なボート艤装「ステップレールシステム」他を展示
株式会社ビーエムオージャパン

 BMOブースではボートフィッシングをテーマにアイテムを多数展示します。艤装を画期的に変える「ステップレールシステム」は、多彩なアレンジが可能でコマセ釣り、ルアーフィッシング、その都度、好みの艤装ができるのでいろいろな釣りが楽しめます。

 また、新しく生まれ変わった「連ロッドホルダー」は、ロッドホルダーが一つ一つ脱着可能で、さらにホルダーの向きや高さの調整が可能です。電動リール用リチウムイオンバッテリーは、大容量の11.6Ahタイプが電動ジギングや深海釣りにも大活躍。また4.4Ahタイプはライトゲームに最適です。その他、インフレータブルボートの艤装艇を展示します。

「ステップレールシステム」ステップレールに極みグリップ、コマセバケツホルダーをはじめ、色々なアタッチメントが取り付け可能です。更につりピタレールを取り付けることができるアタッチメントも登場しました

「SUS連ロッドホルダー」 2連タイプと3連タイプをご用意しました。1つ1つのロッドホルダーが脱着可能でホルダー部の高さと向きを変更可能にした新アイテムが登場しました

「リチウムイオンバッテリー」 電動リール用リチウムイオンバッテリー!大容量の「11.6Ah」とライトゲームに最適な「4.4Ah」の2タイプ。HONDEX魚探用バッテリーも登場

  • 1
  •  
  • 2