過去のボートショー一覧へ戻る >

 東京国際ボートショーは前身である日本舟艇振興会を引き継ぎ、2005年をもって第44回を迎えました。
 第1回ボートショーでは出展会社は29社、第39回の現在151社、入場者数も14万人をかぞえています。

1962年 ー第1回ー
日本における初めての本格的規模のボートショーとして話題になる。
会場は千駄ヶ谷の東京都体育館。第2回には前年マーメード号で太平洋横断に成功した堀江謙一氏がゲストとしてテープカットを行った。
1982年 ー第1回ー
神戸国際ボートショー(昭和57年)
ポートアイランドで神戸で開催。関西地区のボートショーは神戸で4回開催された後、大阪に移る。
1986年 ー第1回ー
大阪国際ボートショー(昭和61年)
第1回は大阪万博会場跡地、第2回以降はインテックス大阪で開催。2000年で第15回を迎えた。
1990年 ー第29回ー
東京国際ボートショー(平成2年)
40フィートを越すモーターボートが60隻近く展示された。
1991年 ー第30回ー
東京国際ボートショー(平成3年)
バブルの絶頂期であり、会場狭しと50m通路にも展示品が溢れた。
1994年 ー第33回ー
東京国際ボートショー(平成6年)
雪のボートショー
1997年 ー第36回ー
東京国際ボートショー(平成9年)
晴海東京国際見本市会場から有明の東京ビッグサイトに。過去最高の入場者数になった。
2001年 ー第40回ー
東京国際ボートショー(平成13年)
会場:東京ビッグサイト
ページ上部へ戻る