一般社団法人 日本マリン事業協会

トップページ > マリンイベント情報 > ミニボートフェスティバル

ミニボートフェスティバル

 

 

 

◎ミニボートフェスティバル2016


集まれ!全国のミニボート愛好者。今年も苫小牧海の駅で開催されます。
梅雨のないさわやかな北海道で爽やかなフィッシングライフを楽しみましょう。



 
   

日 時:平成28年6月19日(日) 6:00受付開始

場 所:とまこまい海の駅(勇払マリーナ)

参加費:3,000円(小学生以下1,500円)

 
 


   

・とまこまい海の駅大会→開催概要

・とまこまい海の駅大会→参加申込書

 

 


 

 

◎ミニボートフェスティバル2015

 
 

・とまこまい海の駅大会→報告書
・とまこまい海の駅大会→
申込書


   MBF2015-tomakomai-flyer.jpg  

 

 

 

◎ミニボートフェスティバル2014

 
 

・とまこまい海の駅大会→報告書
・とまこまい海の駅大会→
開催概要
・とまこまい海の駅大会→申込書


   MBF2014-tomakomai.jpg  

 



 

◎ミニボートフェスティバル2013

 
  ・運河クルーズ→報告書
・運河クルーズ→レポート
・とまこまい海の駅大会
   MBF2013-unga.jpg  MBF2013-tomakomai.jpg




 

◎ミニボートフェスティバル2012

全体計画

 
  ・2012大阪ミニボートフェスティバル→報告書
※宿泊希望の方は、日本マリン事業協会ミニボートフェスティバル
  担当に連絡をお願いします。 
  TEL:03-5542-1201

※ミニボート(長さ3m以下・搭載船外機2馬力以下)に加え
  要望のありましたスモールボート(長さ4m未満・搭載船  
  外機15馬力未満)の部も募集します。
  但し、定員50名になり次第打ち切りになります。

 
 
 
 

 

・うと海の駅釣り大会→中止

・とまこまい海の駅大会→報告書
・とまこまい海の駅大会→実施要領

 

   

 



・ミニボートの安全講習会 三河御津→
報告書
・ミニボートの安全講習会 葉山→終了
・ミニボートの安全講習会 大阪→
中止

 
 



 

 



 

MBF2011ロゴ.jpg

ミニボートフェスティバル2011がいよいよ始まります!!!

 

MINI BOAT FESTIVAL 2011 リーフレットpdf 1.16MB

 

 

 

2011年9月19(月・祝) 木更津出島大会 : 終了  

 


結果報告 pdf 351.9KB    結果順位 pdf 43.5KB




 


 

 

 


  2011年6月4(土)・5日(日) 気比の浜大会 : 終了
 


今年の気比大会は天候にもめぐまれ、大成功でした。
初日は地元の体験試乗会や地引き網、そして安全講習会、前夜祭を行いました。
2回目の釣大会では、がしらメバルなど根魚に加えハマチも入って楽しいトーナメントとなりました。
ご協力いただいた地元の皆様に感謝します。

 

 結果報告 pdf 475KB

 
 

 

◎2011年6月11(土)・12日(日) 苫小牧大会 : 終了

 

 
大型魚が次々と!!!

 

 結果報告 pdf 389KB

 

 

 

2011年6月26日(日) 福岡大会 : 荒天予想のため中止

 

 

   
 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2010-miniboat-fes-logo.jpg

『ミニボートフェスティバル2010』ファイナル
 『三保海岸大会』中止のお知らせ

 

 

 

(2010年10月28日更新)

 

 

ミニボートフェスティバル2010の最終大会となる三保海岸大会は、
諸般の事情で中止とさせていただきます

ユーザーの皆様、関係各位にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

ミニボートフェスティバル事務局 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

●木更津ハゼ釣大会

 

 

 

 

 

ミニボートフェスティバル 木更津ハゼ釣り大会

 

 

 

 

    (木更津市、木更津漁業協同組合、木更津商工会議所、JA木更津市組合、

    木更津市内港活性化促進協議会、(財)日本海洋レジャー安全・振興協会、NPO法人海の駅ネットワーク、一般社団法人 日本マリン事業協会)

後援:国交省関東運輸局、国土交通省関東地方整備局、千葉県、(財)日本釣振興会

協力:(財)マリンスポーツ財団、マリスクラブ湘南

開催日:2010912(日)

 

 

 

27隻のミニボートがハゼを爆釣!

 

 

 

 

 

 

 「ミニボートフェスティバルすさみ大会」が行われた1週間後の912日、千葉県木更津港では「ミニボートフェスティバル木更津ハゼ釣り大会」が開催されました。こちらも昨年に続いて2回目でしたが、参加者数は大幅に増え、27隻52人のミニボート釣り師たちが日の出前の木更津港内の出島に集合しました。

 

 

 

 

地場産業の衰退や人口流出が問題となっている木更津市ですが、昨年から地元の有志と市とが協力して、木更津港を中心に「みなと木更津うみまつり」という大掛かりなイベントを企画、町起こしの起爆剤としています。昨年は、プレジャーボートの体験乗船会、岸壁での釣り教室と釣り大会、ライブコンサート、農産物即売会、そして我々のミニボートハゼ釣り大会などなど、木更津港内で途切れることなく数多くのイベントが行われた結果、初回からその大きな効果が認めらるようになっていました。

そして今年も大々的に「みなと木更津うみまつり」が開催されましたが、我々のミニボートハゼ釣り大会も、昨年に引き続きその「みなと木更津うみまつり」メニューの一部として開催されました。

ボートを下ろす場所は、木更津港内に浮かぶ地続きの人工島、出島にある漁船用スロープ。普段はプレジャーボートの利用はできませんが、「みなと木更津うみまつり」期間中に限って、ミニボートによる利用が認められていました。

日出前の薄暗さの中、午前530分、出艇申告受付開始。雨こそ降っていませんでしたが、天候は不明でした。しかし午前7時のスタートフィッシング時には、快晴、微風が判明。実際、9月半ばながら、日中は気温34度を記録する猛暑となりました。

ミニボートオーナーの行動パターンとして、ほとんどの人は、わざわざハゼのような小物は狙いません。今回は、9.9馬力までの、全長4m以下のボートと、参加資格が広がっていおり、なおさらハゼは縁遠い魚のはずでしたが、この日のためにみんな、仕掛けを揃えて来てくれていました。また、簡単なハゼ釣りとうこともあって、子供連れやカップルでの参加も目立ちました。

そんな参加者の意気込みにこたえるように、木更津の海はたくさんのハゼを用意していました。フィッシングエリアは防波堤の内側の木更津港内に限られていましたが、たいていの参加は入れ食い状態で、3時間半ほど競技時間は、ボート上で忙しくハゼの取り外しとエサの付け替えに追われていました。

今回のハゼ釣り大会は、1人が釣ったハゼの総重量で順位を付ける個人戦。2人乗りのボートも、釣った人ごとにハゼを分けて計量することになっていました。また、子供連れの2人乗りの場合は、親子の釣ったハゼの総重量ということになりました(おとうさんは子供のためのエサ付けに忙しいので)。

午前11時には全員無事帰着、検量を終えることができましたが、その結果、優勝はダントツの総重量1,780gのハゼを釣った磯野正和さん、2位は1,280gを釣った山口文久さん、3位は1,140gで牧野義則さんとなりました。この日釣れた平均的なハゼのサイズは、長さ約10cm、重さ10gといったものでしたので、優勝した磯野さんはなんと3時間半で180尾前後のハゼを釣り上げたことになります。参加者の平均は700gほどでしたが、いずれにしても、この日の爆釣ぶりがわかると思います。

13位の方々には、それぞれ、盾のほかに、地元産品である新米、佃煮セットなどが副賞として手渡されました。また、4位、5位にも、新米、落花生などの商品が送られました。

このほか親子1位は、960gの佐藤正樹さんと娘さんのみーちゃんが、レディス1位は750gの金沢麻紀さん、外道賞としてのやっさいもっさい賞は、甲羅幅20cmのワタリガニを釣った阿部直人さん、同じく外道賞である出島賞は、40gのコノシロを釣った手間本和人さんに決まり、副賞の新米や落花生など(いずれも地元産品)が送られました。

ちなみに13位、そしてレディス1位は、すべて車載艇釣友会(略して車釣会、しゃちょうかい)という釣りの腕には定評のあるミニボートクラブのメンバーで、ハゼ釣りにも腕は大いに影響することを実感することになりました。

「みなと木更津うみまつり」の一部として開催されましたこの大会でしたが、参加者のみなさんには、大いに楽しんでいただけた大会となりました。来年の木更津での開催は未定ですが、もし開催される場合は、まだ参加されたことのない方々も、ぜひ参加していただければと思います。ファミリームードいっぱいの木更津ハゼ釣り大会をお楽しみに。

最後になりましたが、準備や運営に全面的にサポートしていただいた木更津市のみなさんには、実行委員会スタッフ一同、心から感謝申し上げます。

 

 

成績表


NO. 船長氏名 船名 総重量(g) 順位
同乗者氏名
  1 1 松岡 哲夫 SAKURA 740 14
  2 斎藤 陽一郎   540 19
2 3 佐藤 正樹 美岬丸 960 6
  4 佐藤 美岬  
3 5 吉田 馨 朋美丸 630 16
  6 葛西 一二三   100 42
4 7 稲葉 稔 遊亀丸 280 37
  8 高橋 徹也   550 18
5 9 今森 勝美 甲子丸 330 34
  10 今森 典子   180 41
6 11 加瀬 光二 智光丸 340 33
  12 加瀬 智也  
7 13 内山 幾夫 さすらい庵 530 22
  14 内山 若菜  
8 15 磯野 正和 釣り吉丸 1,780 1
  16 永瀬 智   30 43
9 17 大高 安行 ワンズ号 540 19
  18 大高 としえ  
10 19 本多 義博 ホンダ 820 8
11 20 黒岩 里美 こまどり 210 39
  21 稲葉 浩一   360 32
12 22 鈴木 真一郎 トーヨータイヤ号 290 35
  23 金澤 麻紀   750 13
13 24 小島 隆行 小島丸 410 29
  25 神原 枝里   470 26
14 26 安倍 直人 海遊人(うみあしび) 440 27
15 27 山口 文久 介推丸 1,290 2
  28 山口 瑞樹  
16 29 引地 行正   512 23
  30 引地 隼基   900 7
17 31 岡田 恭幸 カイト号 370 30
  32 岡田 和一   440 27
18 33 佐藤 功 光進丸 480 24
  34 佐藤 真知子   480 24
19 35 松丸 明 ロコ    
  36 松丸 泰久   290 35
20 37 廣井 雅憲 HANA 280 37
  38 蜂谷 良二   700 15
21 39 藤田 善久 サンドホワイティングⅡ 540 19
  40 斉藤 武利   570 17
22 41 稲葉 臣宣 長門 370 30
 

 


 

 

 

 

 

 

主催:みなと木更津うみまつり実行委員会

 
ページ上部へ戻る
一般社団法人 日本マリン事業協会  〒104-0028 東京都中央区八重洲2-10-12 国際興業第2ビル4F
MAP
TEL:03-5542-1201(代表) TEL:03-5542-1202(リサイクルセンター) TEL:0120-356-441(プレジャーボート製品相談室) FAX:03-5542-1206 
c 2013. Japan Marine Industry Association All rights Reserved.