一般社団法人 日本マリン事業協会

トップページ > マリンレジャーガイド

ボート免許

 

エンジンを搭載するボートやヨット、水上オートバイを操船するには、ボート免許の取得が義務付けられている。ボート免許取得者約300万人(平成19年度末)のうち、7割がプレジャーボート利用者といわれている。プレジャーボートの普及とともに事故も増加傾向にあるが、小型船舶やボート免許を所管する国土交通省では、健全なマリンレジャーを振興するため、ニーズに対応した制度の見直しを行ってきた。ユーザーの自己責任を基本に、ボート免許の簡素化と合理化が進んでいる。

■ボート免許制度(平成15年6月以降)
 1級から5級に分けた資格区分を、1級、2級、水上オートバイ専用免許の3つに簡素化した。酒酔い操縦および危険操縦の禁止、12歳未満の子供や水上オートバイ操縦者に対する救命胴衣の着用義務などを定めた「遵守すべきルール」が設けられた。この改正を機に、操船資格を定めた船舶職員法が「船舶職員及び小型船舶操縦者法」に名称変更された。
 なお、免許制度の改正にあわせ、国土交通省は小型船舶安全規則を見直し、従来、小型船舶の対象外だった20トン以上で、船体長さ24メートル未満のプレジャーボートを小型船舶に組み入れた。

表2 平成15年6月以降のボート免許の種類
免許の種類操船できる
船舶の大きさ
航行区域取得年齢
1級20トン未満の小型船舶及び20トン以上で長さ24メートル未満のプレジャーボート制限なし18歳以上
2級20トン未満の小型船舶及び20トン以上で長さ24メートル未満のプレジャーボート5海里(9.26キロ)
以内
16歳以上
2級湖川小馬力5トン未満、出力15キロワット未満のエンジン湖川16歳以上
特殊水上オートバイ2海里(3.7キロ)以内16歳以上

 

 ※2級免許について年齢が18歳未満の方は、操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。

 
ページ上部へ戻る
一般社団法人 日本マリン事業協会  〒104-0028 東京都中央区八重洲2-10-12 国際興業第2ビル4F
MAP
TEL:03-5542-1201(代表) TEL:03-5542-1202(リサイクルセンター) TEL:0120-356-441(プレジャーボート製品相談室) FAX:03-5542-1206 
c 2013. Japan Marine Industry Association All rights Reserved.